アンジュ・ママンアンジュ・ママン

メニュー

アンジュ・ママンイメージ

利用者支援事業について


目的

コーディネータを配置し、市内の多様な子育て支援サービス情報を一元的に把握し、情報提供及び利用援助等の支援を行うことにより、利用者の利便性の向上、支援サービス利用の円滑化等を資することを目的とする。

また、利用者の必要に応じて、関係機関とのコーディネイトを行うことにより、子育て中の保護者の孤立を防止するとともに、保護者の不安感を軽減し、虐待を未然に防止することを目的とする。

活動内容

子育て支援事業に関する相談窓口業務

  • 1子育てmama相談窓口 窓口や電話等での事業に関する相談業務
  • 2花っこルーム(高田・真玉・香々地)での相談業務

子育て支援事業に関する情報収集・把握

  • 1子育て・健康推進、福祉事務所、教育委員会等が実施している母子健康事業、子育て支援業(花っこルーム等)、保育所・幼稚園関係等の各事業の実施内容の把握
  • 2各事業を利用するにあたっての担当課・係、必要書類、利用料等の把握

子育て支援事業の情報提供

  • 1拠点(各花っこルーム)の開催時に情報提供・コーディネイト
  • 2子育て支援サイト「いいKAMO」による情報提供
  • 3ブックスタート配布時での情報提供(毎月4か月児健診時)
  • 4おためしサポート券の配布(毎月8か月児健診時)
  • 5リーフレットの作成・更新 → [23年度]子育て支援ガイドブック作成事業
  • 6働きたいママさんに求人を募集する企業の情報提供

ハッピーバースディカードの作成・送付

  • 毎月出生時家庭に「お誕生日カード」を郵送
    (年間150名程度)
アンジュ・ママンイメージ

平成26年度からコーディネーター事業が利用者支援事業に変更

利用者の個別ニーズに対応し、必要に応じて関係機関とのコーディネートを行うためにも各関係機関との連携が必要である。

取り組み

家庭訪問型子育て支援事業の実施(地域課題の発見・アウトリーチ)

拠点等の施設を利用できずに、家で孤立し、子育ての不安を相談できないでいる母親の家に出向いていくホームスタート事業を利用者支援の一つとして行っています。内容は、コーディネーターやボランティアの方(先輩ママさん)が訪問し、傾聴と協働を行うなど、児童虐待防止・早期発見を視野にいれて活動しております。本市では、引っ越してきたばかりで知り合いがいない方、外国人のお母さん等の利用が多いです。

子育て支援サイト「いいKAMO」の更新(情報発信・地域連携)

子育て支援サイト「いいKAMO」の更新をコーディネーターさんにしていただいています。行政の職員ではなくコーディネーター(子育てのお母さん)目線で情報発信をしているため、利用者にとってもわかりやすい内容になっていると好評です。また、地域連携を視野にいれて、各幼稚園や学校等の取材にも伺います。

拠点「花っこルーム」・出張花っこ・おひさまひろばでの相談、助言等利用者支援

各ひろばで相談を受けます。行政ではなく拠点スタッフだから、小さい事でも相談しやすく、また利用者目線に立った情報提供を行うことができます。また、ひろばは、土・日に開所していますので、行政窓口がお休みの時でもきめ細やかな対応が可能になります。コーディネーターが、利用者の相談内容を保健師や児童福祉などの行政機関につないだりと市と利用者のパイプ役を担っています。